150,000部発行
2013年5月9日
通巻第200号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク

読者アンケート
テーマ 「200号を迎えた稲毛新聞に一言」
 稲毛新聞は今月号で創刊200号となりました。節目に当たり皆様のご感想やご意見をお願いしましたところ、たくさんのご意見を頂戴し心から感謝申し上げます。印象に残った記事、内容についての意見等率直に感想を述べていただき、これを励みにこれからもスタッフ一同頑張ります。

身近な問題から国政に至るまで内容が面白い
 地域密着の新聞
 まさに継続は力なり、今後も身近な問題提起を期待(高洲・佐藤文雄)。身近な事から大きな問題までわかりやすい!(小仲台・野口明美)(高洲・船山美代子)(黒砂台・岡本和美)(小中台・岩城武吉)(黒砂台・匿名)(宮野木・大塚裕司)。三大紙と読み比べても千葉市の記事は詳しい(小深・村上しげ子)。稲毛区民の絶大な力だ(小深・北村勝)。これからも地域の情報発信して(小仲台・吉田茂行)(長沼・南井薫)(宮野木・石井三恵子)(千葉寺・水野勝子)。身近な問題を常に真正面から捉え、堂々と正論を記述している姿勢に日頃感服(長沼・原田稔)。身近な話題を掲載しているので毎回楽しみ(小仲台・糟谷正子)(園生・平山美香)。引っ越してきてこの町のことがわからないので助かる(小仲台・田村智美)(高洲・田中枝美子)。とても良い情報源です(さつきが丘・小野美津子)。地域密着型の情報が楽しい(園生・丸山宗男)。千葉とうちら周辺の話題など目を通している(朝日ヶ丘・田村貴史)。政治や稲毛区の知らないことがわかり勉強になる(長沼原・百井多美子)。いつも身近に起きている事が知れてとても為になる(高洲・大泉敝子)。子供が生まれて地元のことが気になり色々なページも読むようになった(園生・飯村麻衣)。地域のことを知るのに非常に参考になる。市民ガイドの中から高齢でも参加できるものがあれば参加(東千葉・北澤敏子)。市政の反響やいろんな問題点、クイズの問題などの記載本当にご苦労さま(幸町・中村春雄)。楽しみに読んでいますが批判的な文が多いので真実なんだろうか?と疑ってしまう記事もある(高洲・徳永邦子)。

 内容が面白い
 約16年やっててすごいと思う。これからも千葉市政のことなど、クロスワードも、いつも面白いものをお願いします(真砂・根本真雪)。単なる広告物と思い一読もしなかったが、クロスワードで応募しているうち他の記事を見て、意外と真面目でおもしろいので最近は全て紙面に目を通している(花見川・永末弘勝)。とっても解りやすく面白いです。そしてクイズは頭の体操です。楽しみに待ってます(花見川・山崎明子)。いろいろ面白いことがのっていていいです(小仲台・中村修視)。身近な記事あり、エッセイあり、おもしろいですね(小中台・池田頼子)。
かゆいところに手が届く歯切れのいい記事を読むとすっきりする。内容が濃い新聞だと思う(花見川・秋本るり子)。他の新聞よりも内容が濃くておもしろい(朝日ヶ丘・川口仁)。とても読みごたえある(高浜・古川さつ子)。最近はだいぶ充実した内容になった。これから更に幅広い内容の記事を(高洲・佐々木靖隆)。佐藤主幹の忌憚なき意見や確たる信念に新聞の読み応えを感じている(若松台・長沢富美子)。いつも一般紙にはない過激な発言が多いところが気に入っている(高洲・一ノ瀬明訓)。他のフリーペーパーにない確固たる信念が感じられるところがとても良い(小仲台・河内桃子)。他の新聞には見られない視点からニュースをとらえていて、斬新で勉強になります(高洲・後藤美砂子)。市民の声を生かした興味ある新聞(稲毛東・島津千代子)。

 印象に残った記事
 何年か前の宝くじの記事が印象に残っている(黒砂台・中村博之)。強烈な記事は「宝くじ」の事件でした。毎号掲載される事柄に新たな興味を覚える(黒砂台・岡本和美)。あかいの郷事件報道(みつわ台・笹本修)(幸町・椎名とよ子)。あかいの郷老人ホーム問題は実態がわかり大変良い情報であった(都町・小松幹典)。あかいの郷の判決注目しています (幸町・成瀬正志)。尖閣諸島が個人の持ち物であったことが驚きでした(幸町・大野益子)。過去の印象深い記事は2012年4月の「消費税5%増税で何ができるのか」という藤本氏の記事です(長沼・出科由里)。千葉の偉人伝の渡邉辰五郎の生き方とても印象深い記事でした(四街道・永山郷明)。航空自衛隊田母神敏雄幕僚長と自民党浜田防衛大臣との確執を稲毛新聞が取り上げた。当時の風潮を勇気ある形で時勢の話題とした(高浜・相馬輝明)。今月号の千葉市長のインタビューなかなかわかりやすく大変意義のあるお話でよかった(花見川・高澤家寿子)(みつわ台・花田佳子)。千葉市長のインタビューはタイムリーでよかった(高洲・椙村真子)(若松台・長沢富美子)。市長選があるので、熊谷市長の記事は参考になりました(幸町・西尾庸子)。

 吉成さんの随筆
 毎号の吉成庸子さんの随筆には心打たれます。いつまでも元気でいて下さい(小仲台・児玉虎夫)。毎回吉成さんと儀ちゃんの愛あふれる随筆を楽しみにしています(小仲台・松野ひろこ)。随筆「さくらさくら」吉成庸子様の記事の内容にホロリ、ニコニコ感動しています(花見川・齋藤舟安)。楽しみで読んでいます(小中台・大河内市次郎)。毎回楽しく読ませていただいています(高洲・高橋美江子)。

 読者の声
 いつも読者の声の鋭い論評には感心している(あやめ台・藤原健次)。右寄りでも、左寄りでもない「読者の声」を大切にしてください(東千葉・高木一也)。最近「読者の声」は毎回同じ人が長々と書いてますね。これを機に字数制限を設けて、もっと多くの読者の意見を載せたらと思う。男性だけでなく女性の意見も吸い上げて(小深・りんご)(栄町・小島早百合)。3月の読者の声欄の「総理、戦争する覚悟がおありですか」を見て私も驚きました(東千葉・田中美智代)。日常新聞では扱ってもらえない意見でも、貴紙は取り上げているすばらしい!(花見川・文生)。わりと過激というよりもストレートな意見を展開されているものが多く、なるほどと思いながら読んでいる。「安倍総理に間違った批判はやめよう」とか「加爆国を糾弾せよ」は印象深く読んだ。意見にすべて賛成ではないが(園生・平山裕史)。読者の声や政治についてのコメントはわかりやすい(東千葉・武石みよ子)(幸町・山崎優子)。大分右寄りの読者の声がおもしろい。他の広報紙にはありえない内容(花見川・高橋文子)。読者の声「安倍総理に間違った批判はやめよう」(柏台・松本芳子)。読者の声に知人が投稿しているのを知り興味を持って読んでいる(椿森・上田晃之)。一人ひとりの意見の違いに興味がある(園生・中井壽子)。

 クイズ&アンケート
 身近な社会問題に地域の人々の意見が聞けるので勉強になっている(小仲台・飯島章子)。アンケートに寄せられた意見を全て載せているのが良い(おゆみ野・極檀都諮子)(みつわ台・栗原冨美子)(高洲・小野寺厚博)。皆様の意見が本音です。中身が濃いです。クイズが楽しみ(花見川・宍田とよ子)東京オリンピック招致について皆様の意見納得がいきます(高浜・山本三代子)(幸町・沢田優子)。アンケートを読むのと投稿するのが好き(花見川・三村とよ子)。私の唯一の意思伝達手段として感謝している(花見川・奥宏行)。 毎月クロスワードを楽しみにしています(山王・山本奈緒)(轟町・江川和子)(稲毛・宮原勝子)(高洲・岡部和歌子) 。毎回挑戦しているんですが出来た時は嬉しい(小仲台・市原・張替クリ子)。毎月のクロスワードパズルと今月の「千葉市政の現状と将来」を読んでいる(園生・小出豊子)。クロスワードパズルのヒントミスが多くて困った(花見川・西岡利希)(千草台・加藤則博)(あやめ台・弟子丸四郎)(都町・野村晴美)(椿森・五木田ゆりあ)。ビミョーに不完全なところが…(小仲台・高木雅)。 

 「主張」の欄
 入野さんがどこの一流新聞でも書かなかった国連の分担金が日本ではトップでありながら常任理事国ではないとの問題を指摘した。これからも私たちの声を主張して(柏台・小林稔)。入野論説員はよく勉強しているね(美浜区・元吉正)。

 その他
 勤務地が稲毛だから、ちょっとうれしい出会い(幕張・佐藤みどり)。色々な記事を集めたり取材は大変だったと思う(桜木・小野智子)。これまで以上の発展を期待している(朝日ヶ丘・横須賀和男)。毎号楽しく見ています(桜木・廣野智恵子)(稲毛東・羽山貴之)。定年後読む機会がふえ、やっと千葉市民になった気がする(朝日ヶ丘・那須親)。いつも貴重な情報ありがとうございます(こてはし台・宮田浩)。とにかく頑張って(高洲・海輪彬)。これからも1000号めざして頑張って(園生・柏和代)。これからも新聞の発行を継続してほしい(幸町・関義男)(幸町・橋本純子)(桜木・嶋村育子)。心は稲毛区民です(八千代・牧けい子)。1号ごとにパワーアップする新聞で(高浜・仲田知之)。これからもよろしく(幸町・雙田明美)(天台・額田順子)。どこでも地域の新聞はありますが稲毛新聞は合格点に近いと言う評価だと思う。今後も増え続ける中高年との会話をよろしく(千草台・柴田進)。風刺の利いた4コマ漫画「セイギくん」が世の中の雰囲気を知ることができる(あやめ台・石川愛子)。特賞or1等賞ねらいで応募しているが当たらない(稲毛・銀さん)。文屋は足でかせいで200号達成を祝す(高洲・黒川修一)。
 要望したいこと
 美味しい店の紹介など特集して(千草台・渡辺ひさの)。千葉ロッテの特集をしてもらうと嬉しい(高洲・竹内忠男)。あまり字が細かすぎて、紙が黒くもっと明るくしたほうが読みやすい。映画のガイドもお願い(幸町・高熊洋子)。地域のグルメ特集や観光特集を増やしてほしい(花見川・山田曜子)。障害者関係の情報が少しでも掲載されていると嬉しい(高洲・徳永邦子)。高齢者向きの健康マニュアルも記載してほしい(高洲・大泉敞子)。欲を言えば月2回になればいいなとおもう(作草部・林田静江)。千葉県千葉市等地元の計画・目標提案(磯辺・村松公男)。  
以 上

フロントページへ このページのトップへ


読者の声
頑張れ私の好きな稲毛新聞!
 稲毛新聞創刊200号おめでとうございます。市内にはミニコミ紙が数々ありますが、地域に密着して真面目に報道している新聞は稲毛新聞だけだと思います。
 1989年9月に発刊してから毎月1回欠かさず発行し続けられた努力に惜しみない拍手を送りたいと思います。私は星霜録を読むのが楽しみですが、先月も今月も掲載していなくて残念です。是非復活していただきたいと思います。
 一口に200号と言えども、色々な苦労もあった事でしょう。これからも佐藤主幹、奥様、スタッフの皆様、健康に留意されて、末永く継続される事を祈念します。
 ガンバレ!大好きな稲毛新聞!((有)カネゲン代表取締役 元吉 正)。

 最近思うこと 
 私はよくバスを利用します。四街道駅前から千葉駅までのラインです。途中に、陸上自衛隊下志津駐屯地があり、もちろん隊員はおり、金曜日の夕方、土、日曜日の午前中、小集団で彼等が乗って来ます。自衛隊前は始発より5つ目ですのでまだ座席は空いているので、彼等は座ります。
 ところが、途中より乗車してきた高齢者や女性達に席を譲ろうとはしません。それと彼等は車内で数人で話し合っているのが遠慮がちな話し方とは云えません。又、別な日に、制服を着用の隊員が大きなバックを持参して乗車をし、バス内の中程(一般的には乗車時の通路となる)にそのバックを置く等、バスを利用するマナーを持ち合わせているのだろうかと疑問を抱きます。バスの運転手も見てか見ぬことなのか、この事に何も言いません。それから、別な日のこと、あるバス停を発車しました。そのあと前方20メートル位の所から人がこちらに向かって走って来ております。バスは停止しました。人は乗りました。ところが、この乗客は、ひと言も声を出さない。バスの車行を停止し、しかもそこはバス停ではありません。そこまでやってくれている運転手に対して、何の気持ちもおきないのだろうか…。少し前頃は、「すみませんでした」とか、「ありがとうございました」を聴いておりましたのに…。ところが、こんな事もありました。
 ある日、千葉駅前発に乗車した時、10分位、車行したところである男性が携帯電話で声を出して相手方と話し合っておりましたところに、運転手さんが「お客さん、車内での携帯電話の使用は、他のお客様にご迷惑です。やめて下さい」と言われました。私は運転手さんが、この様なセリフを言ってくれるのだと、はじめて聴き、びっくりと同時に、嬉しくなりました。私は自分の下車する停留所に着いて、降りる前に、「先程はありがとうございました」とお礼をのべました。こんな気持ちの良い時もありました(小深町・北村勝)。

 米国でまたテロ
 入国者を裸同然にして身体検査しているという厳戒中の米国でまたテロが発生した。外国からも大勢人が集まるボストンマラソン大会の会場で二発の爆弾が爆発し死者3人、負傷者100人以上だという。米国内で爆弾事件によって死亡者が出たのは、2001年の同時多発テロ以降初めてだそうだ。
 2001年の同時多発テロ以降米国は、異常とも思われる厳戒態勢を敷いていたが、それでもテロは発生した。テロを防ぐことはできないということだ。警備の限界を露呈したものであり、ボストンという大都市で真昼に堂々とテロが行われたことは、対テロ戦争というが、テロには勝てず、対テロ戦争の敗北ということだ。これからもっと大きなテロが米国を襲うかもしれない。
 米国は、平和で安全な国だと思っている人が多いが、それはまったくの錯覚であって、米国では、銃乱射事件や大統領暗殺という事件も起きている世界でもっとも危険な国なのだ。それにもかかわらず大勢人が集まるマラソン大会を催したという米国ものろまだが、それに参加した多くの外国人ものろまだ。爆発が起こってはじめて米国は安全な国ではないということを感じ取ったことであろう。米国は、第二次世界大戦では、日本に対して二発の原子爆弾を落とした、そしてその後は、朝鮮戦争、ベトナム戦争で何百万人を殺した。ベトナム戦争だけで370万人を殺した。そしてその後のアフガニスタン戦争、イラク戦争で何十万人を殺した。そういう米国に対して世界の目は厳しく注がれている。米国を憎み、恨む人が世界に満ち溢れている。米国がテロ攻撃を恐れているのは、世界中を恐れているということである。世界、とくにイスラム武装勢力などは、米国に対する核テロ攻撃を虎視眈々と狙っている。米国は恐れて厳戒態勢を敷いている。同時多発テロから10年以上も経った今でも厳戒態勢を緩めてはいない。それでもテロは発生した。米国の受けた衝撃は大きいものであろう。夜も眠れぬ日々がこれからも続くことであろう。いつまたどこでテロが起きるかわからないのだから、米国へ行く外国人は、死を覚悟してゆかねばならない。それほど米国という国は危険な国なのである。それほど米国という国は、世界から憎まれている国なのである。日本とイスラエル、そしてカナダ、豪州以外は反米非米である(宮野木・藤本 豊)。

 放医研の時給
 とても疑問なことがありお手紙書きました。
 3年前に看護師として勤めていた、穴川の重粒子医科学センターのことです。自給1500円で働いていたのですが、突然来月から時給1000円アップの時給25000円ですと言われ、一週間に4日働いて月30万以上のお給料を頂いていました。事務の方達は時給800円。現在パートで仕事を探していてもこんなに時給の高いところはありません。
 仕事内容は救急もないので、とても落ち着いた、忙しいイメージはありませんでした。治療代が高度先進医療なので一人314万円です。
 患者様には大変高額な負担の大きいものだと感じています。まして独立行政法人として国の機関として成り立っているわけです。それなのにこんなにお給料を支払って良いのでしょうか。
 同じ国立機構千葉医療センターの時給は1400円です。どうしてこんなに違いがあるのかと思い書きました(匿名)。

 挑発は米国だ
 韓国上空で米韓合同で軍事演習をしたり、野外訓練では5282ステルスの爆撃機を投入したので北朝鮮は怒り米国の基地のある沖縄、横須賀、東京等、米本土とハワイ・グアム・韓国へのミサイル攻撃を担うと発表したが挑発行為は米国が先である。北朝鮮が強行手段に出たので公開演習は中止した。米軍基地がなければ日本は標的にならないと思う。イランの核開発でアフガニスタンとの対テロ作戦支援で二隻の米空母がアラビア海に行き艦載機がごう音を上げ発着を繰り返しイランに睨みをきかせている。日本は北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えて自衛隊に破壊措置命令をし米国のために多額の出費をしている。中国は朝鮮半島で戦争や混乱が起きても誰の利益にもならないと、米国は北朝鮮を口実に中国封じ込の軍備強化を進めている疑問もある。余計な出費で米国の14年度の財政赤字は7440億ドル歳出は3兆7700億ドル、9〜11年迄4年連続で1兆ドルを超えた。北朝鮮の核にけちをつけるなら米国は核を放棄すべきと思う。鳩山氏が言ったように対等でなければならない(花園町・岩井 秀夫)。    
以 上

フロントページへ このページのトップへ