150,000部発行
2008年5月3日
通巻第140号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク
星霜録
 毎朝パソコンを開くと大量の迷惑メールが届いている。その数は一日平均4〜5百本。そのメールは英語による意味不明なものから、違法なアダルト系、出会い系サイトのインチキメールがほとんどだ。同じ業者が同じ内容のメールを一日に何本も配信している▼メールのタイトルで大事なことかと思い一度クリックすると、それが相手に反応があったことが伝わり、さらに容赦なく迷惑メールの配信が多くなる仕掛けになっている。アダルト系の中には一度クリックすると「3日以内に6万円振り込め」という悪質な架空請求もあった。当然ながら無視した▼迷惑メール禁止の有効な対策はないという。送信側は常に異なる記号で配信するからだ。毎日迷惑メールの削除を繰り返しているが、本当に迷惑な話だ▼パソコンのアドレスを簡単に盗むソフトがある。このソフトを手に入れると一つのメールを一度に何百万本も配信できる。本紙3本のアドレスがそのソフトに組み入れられているようだ。毎日大量に配信される迷惑メールはこのソフトを使用しているためであろう▼携帯も今やパソコンと同じ機能がある。携帯は自分から発信しない限り迷惑メールは防げる。携帯は膨大な量のため収集ソフトがないためだ。とくに出会い系サイト運営業者はたくさんのサイトを装い自動的に架空やサクラのメールを配信して荒稼ぎをしている。多くの青少年が餌食になっていると聞くが、この詐欺商法を取り締まる有効な手段がない。(正)

フロントページへ このページのトップへ


好評連載・男女共同参画行政は日本を亡ぼす (最終回)
美しい日本をつくる会 桜井 裕子著より

桜井 裕子氏
心身育む「早寝・早起き・朝ご飯」
 昔から、基礎的な生活習慣として「早寝・早起き・朝ご飯」の大切さが言われてきました。
 これは午後10時から午前2時まで、成長ホルモンが最も活発に出て、体を休息させ、老化を防ぐ睡眠のゴールデンタイムだからです。また午前5時〜6時が生物時計の高潮時なので、この時間帯に朝日を浴びると爽快感が得られ、生活リズムが整い、体がリセットされます。
 一方、朝、ご飯を食べることは、腹持ちがいいので、成長期の子供たちにとってお昼まで空腹感を覚えずに勉強に集中することができます。
 また朝のご飯で、体温と血糖が上昇し、脳と全身の集中力と代謝活性を整えることができます。
 脳の活性化には、血液中の糖の上昇が必要ですが、それにはパンよりもコメの方が効果的です。また、コメには、体をつくるアミノ酸や味覚障害を防ぐ亜鉛も含まれています。
 しかし、昨今は、夜10時以降に就寝する幼児(六歳以下)が50%、朝食を食べないことがある小学生は16%、中学生は20%に上昇しています(平成12年度「児童生徒の食生活等実態調査結果」)。
 朝ご飯を食べないで一日をスタートさせることは、ガス欠の車を動かすようなもので、老化の速度を加速するというのです。
 実際、朝食をきちんととる児童・生徒のほうが、親との会話が多く、人生に前向きで、感謝の思いが強く、小遣いの浪費が少なく、性行為に走る割合が低いことが分かっています(平成17年度、群馬県教育委員会調べ)。
 心身のリズムを整える基礎が、早寝・早起き・朝ご飯です。健やかな心身を子供たちに贈る鍵は家庭にあるのです。

育もう!感謝と誇りと志
 藤原正彦・お茶の水大学教授は、『国家の品格』(新潮社)のなかで、天才を多く輩出している地域には、「美の存在」「何かに跪く心」「精神性を尊ぶ風土」があると指摘しています。
 わが国にも、美に感応し、目に見えない存在を畏れ大切にし、物質よりも精神を尊ぶ姿勢が、ある時期まで連綿として伝えられてきていました。
 また、『百歳の美しい脳』(DHA出版)は、百歳を超えてもアルツハイマーを発症しない修道女たちを調査したものですが、共通項として、(1)幼い頃の言語空間が豊か、(2)前向きの人生観、(3)敬虔な祈りのある家庭・地域で人間関係が豊か、という点があります。
 戦後、わが国では、自由・平等の風潮の中で、伝統やご先祖様という縦の流れを忘れて、公よりも私、利他よりも利己、忍耐よりも享楽を追求する風潮が全体を覆ってきました。
 しかし、それでいいのでしょうか。「日本人は貧しい。しかし高貴だ。世界で唯一、どうしても生き残ってほしい民族をあげるとしたら、それは日本人だ」(ポール・クローデル、詩人、駐日フランス大使)といわれた日本人はどこにいったのでしょうか。感謝と誇りと志を取り戻すことが、この国の礎を築いてきた先人への恩返しになるのではないでしょうか。
 結びに、山口県萩市立明倫小学校が全校で学んでいる吉田松陰先生の言葉を掲げます。
 「凡そ生まれて人たらば 宜しく人の禽獣に異なる所以を知るべし」(人間として生まれてきた以上は、動物とは違うところがなければならない。違うところは、人間は道徳を知り行うことができるところだ。道徳が行われなければ、人間ということができない)。
※ 最終章のご愛読ありがとうございました。

フロントページへ このページのトップへ


学校物語122・千葉県立千葉東高等学校
大学と連携、将来を見据えた教育を実践
 稲毛区轟町にある「千葉県立千葉東高等学校」は、昭和16年4月に創立。全校生徒977人が普通科課程で学ぶ進学校だ。ほとんどの生徒が大学に進学をする。
 今年度から単位制を導入した。教育方針は「人間性の豊かな、実践力に富んだ人物を育成することをめざす」を掲げ「自律的、科学的な生活態度の育成に努め、幸福な人生を創造できる、国際的視野を持つ人物の養成」と「基礎学力の向上と個性の伸長を図り、将来の進路を開拓し、積極性と表現力を持ち、社会で活躍できるリーダーの育成」に努めている。
 1・2年生では芸術・理科などが選択科目だが、3年生になると選択科目が大幅に増える。例えば、選択科目の「世界史研究」では、世界史の記事や研究論文を読み、分析・考察をして文章にまとめ発表するという授業を実践。「発展英語」はアメリカの時事雑誌を読み、中身を要約して発表するなど、考える力を重視した授業を展開している。
 他にも、日本史研究や地理研究、政経研究、物理研究、数学研究、古典講読、生涯スポーツ研究など、生徒たちの個性や実情に合わせた様々な選択科目を設定している。
 また、同校の近隣に千葉大学があることから、千葉大学と連携した授業。4月から7月までの間の毎週土曜日に、千葉大学教育学部の先生たちが同校を訪れ、教員志望の生徒たちに向けて授業を実践している他、同校の生徒たちが千葉大学で行われる講義に参加して勉強する機会も設けている。
 さらに、理科系の勉強に力を入れており、千葉大学の先生から先進の理科の学習・実験などを習う「サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)」を展開。今年度は、超電導や植物分布、波と光について学ぶ「SPP」を予定している。
 文武両道を掲げる同校では、部活加入率が90%以上と高く、部活動も活発だ。特に、山岳部やバレーボール部、バスケットボール部、水泳部、陸上部、音楽部などが県大会や全国大会で優秀な成績を収めて活躍をしている。【取材・浦野美智子】

フロントページへ このページのトップへ


サークル紹介 ミニテニス
千葉いなげクラブ

楽しくミニテニスの練習に励む会員
老若男女が楽しめる生涯型スポーツ
 ミニテニスは約10年程前に東京立川市で始めた新しい球技で、小型のラケットとビニール製ボールを使い、バドミントンのコートを使用する。
 「千葉いなげクラブ」は県内最初の正式クラブとして平成10年、稲毛に誕生した。クラブの代表で日本ミニテニス協会指導員の畠山さんは「屋内でバドミントンのコートを使用するので体が楽です。大きくカラフルなボールは見やすく、しかも柔らかなので顔に当たっても大丈夫、競技は年齢制のダブルスで全てワンバウンドが基本。ボールが軟らかいためいろいろ変化するのが大変楽しい」という。
 会員達は現在週に3回、宮野木小・轟町小・緑が丘中の体育館で楽しく汗を流し練習を重ね、年1回の全国大会出場を楽しみに頑張っている。
会員募集中、見学大歓迎Tel250・6858(畠山)

フロントページへ このページのトップへ


市民ガイド
千葉市美術館
「インドネシア更紗のすべて」▼会期・6月3日(火)〜7月21日(月・祝)▼開館時間・10:00〜18:00(金・土曜は20:00まで)*休館日7月7日▼観覧料・一般800円(640円)高・大生560円(450円)小・中生無料*カッコ内は団体・前売・市内在住60歳以上の方▼問い合せ・Tel221-2311
幕張フィルハーモニー管弦楽団
第29回定期演奏会▼日時・5月25日(日)開演2時▼場所・青葉の森公園文化ホール☆500円♪曲目・歌劇魔笛序曲(モーツアルト)交響曲第7番(ベートーベン)他▼問い合せ・Tel274-1772(宮本)
ワールドフェスタin幕張
世界が一つに!を合言葉に、幕張新都心に日本各地、世界の民族舞踊が集まり一緒に踊れるイベント▼開催日時・前夜祭5月9日(金)18:00〜20:00(雨天中止)本祭5月10日(土)12:00〜16:00(小雨決行)▼会場・海浜幕張駅北・南口広場▼内容☆前夜祭・越中おわら節、西馬音内音頭、郡上踊りで輪踊りをする。☆本祭・世界の民族衣装でファッションショー・フラダンス・よさこいソーラン・和太鼓競演など▼参加団体50団体・500人▼連絡先・ワールドフェスタin幕張℃タ行委員会事務局090-6152-3512(山口)
心の生涯学習セミナー
より幸せな生き方をしませんか!
▼日時・5月18日(日)10時〜16時30分(受付9時40分より)▼参加費・2,000円(昼食代・消費税込)テキスト代280円▼講師・小島弘吉(財)モラロジー研究所社会教育講師 小島産業(株)専務取締役、細野眞(財)モラロジ―研究所社会教育講師・経営コンサルタントむげん塾代表▼会場・千葉市生涯学習センター3階大研究室▼申込先・千葉わかばモラロジー事務所Tel265-0300(片岡丈蔵)
第34回あしながPウォーク10
☆世界の底辺で生活する、国内外遺児の現状をご理解のうえ「フィランソロピー(やさしい人間愛)社会」の実現を目指すボランティアウォークにご参加下さい▼日時・5月11日9時半受付・10時スタート(雨天決行)▼集合場所・出会い広場(JR海浜幕張駅3分)参加費(当日受付)・大人・学生500円、中・高生300円、小学生以下100円☆趣旨に賛同の方の寄付もお待ち申し上げます▼問い合せ・070-6655-4561(酒井)
平成20年度家庭倫理講演会
見直そう家庭の絆▼日時・6月1日(日)開演13:30終演15:30▼会場・青葉の森公園芸術文化ホール▼講師・中西康成氏(社)倫理研究所教育企画部長▼入場料・1,000円(収益の一部を社会福祉協議会に寄付)☆アトラクション・大宮少年少女合唱団の歌声▼主催・家庭倫理の会
シャンソン・カンツォーネ指導
初心者から上級者まで一流の講師が指導します。定期的にライブやホールコンサートも行っています▼カルチャー教室・日時:第2・4火曜日(午前10:30〜12::00)入会金5,000円、月謝5,000円▼JR四街道駅南口徒歩1分。お気軽にお問合わせを▼申込・090-2319-5666(渡邊)
社交ダンス・アレマーナ
全く新しく始めるサークルです。会員募集初心者コース、男、女6月より毎週水曜日午前9時30分先生は、分かり易く、親切丁寧に指導。希望の方はお電話でお申し込み下さい。Tel243-3888アレマーナ(駐車場あり)
気功の会員(体験参加者)募集
▼5月20日(火)午前10時〜12時▼会場・穴川コミュニテイセンター▼参加費無料初心者歓迎(受付会場)▼穴川気功の会Tel251-8863(綱川)
ギャラリー古島
▼「ログゥの銅版画展」5月9日(金)〜14日(水)「山井イク夫 花の絵展」5月16日(金)〜21日(水)「友遊キルト教室・パッチワークキルト展」5月23日(金)〜25日(月)「生田宏司 銅版画展」5月30日(金)〜6月11日(水)▼問い合せ・Tel243-3313ギャラリー古島(JR西千葉徒歩1分)
第6回「ファミリーの丘」グループ展
(油絵)☆出品グループ・緑ヶ丘公民館「モネのパレット」さつきが丘公民館「ビリジャン」▼会期・5月27日(火)〜6月1日(日)▼場所・ 千葉市民ギャラリー・いなげ▼問い合せ・Tel・FAX259-0458(小林)
「昼だまり広場」2008出演者募集
千葉市民活動センター「昼だまり広場」では今年も5月24日より毎月1回土曜日12:00〜13:00に市民の皆様の発表の場を開き日頃の活動や練習の成果の発表にセンターを活用していただきたい。来場した方には公演を楽しみながら、千葉市民活動センターやNPOやボランティア活動について知って下さい▼連絡先・Tel245・5687千葉市民活動センター
カルチャーセンター稲毛 生徒・教室利用者も募集!
会議・研修会にもどうぞ。ステンドグラス、マミフラワーデザイン、トールペイント、英会話、油絵、書道、ろう造花、手書き染め等。問合せはC244・3989【無料建築相談会】初めての家づくりプランニングから業者選び、資金計画まで▼日時・5月24日(土)午後1時〜3時▼問い合せは・アイム設計C244・3989

フロントページへ このページのトップへ


今月の人
千葉市議会議員・宍倉 清蔵さん 71歳
数々の功労が認められ花開く桜を見る会にご夫婦で招待された
 4月12日東京新宿御苑で福田首相主催の「桜を見る会」が開催され、政財界やタレント、芸能人など各界著名人約1万人が出席したが、千葉市から数々の功労に輝く市議生活10期の宍倉清蔵さんご夫妻が招待され仲睦まじく花見を楽しんだ。
 宍倉さんといえば千葉市動物公園開設に尽力した大功労者。今でこそ立って歩くレッサーパンダ「風太」くんが全国的に有名になった。千葉市動物公園は宍倉清蔵さんが「子どもたちに夢を」という願いから、自分の田地田畑を提供するとともに、地権者を説得して開園にこぎつけた情熱家である。
 宍倉清蔵さんは1937年宍倉家14代目の農家の長男として生まれた。源町の広大な農地を開発しようと、28歳の若さで源町土地区画整理組合理事長に就任した。現在の若葉区みつわ台の桜並木や街並みは宍倉清蔵さんの努力の賜物である。
 1975年宍倉さんは千葉市に子どもたちの夢を育む「動物公園」をという公約を掲げ、千葉市議会議員補欠選挙に立候補。見事過去最高の6万票以上を集め当選を果たした。それから宍倉さんは公約の「動物公園」を実現するために壮絶な行動を展開することになる。
 地権者には土地の借り上げ方式で農家の収入を確保し、受け入れられた。次は動物集めである。ウガンダのオポテ大統領と交渉、旧国鉄病院の救急車を自費で買って同大統領に贈呈し、象を始め数多くの動物の確保に成功、昭和60年4月に悲願の千葉市動物公園が誕生した。
森の熊さん≠自称する宍倉さんは「子どもは自然の中で戯れ、遊んで学んでいく。学校では知識を学び、遊びの中から知恵を育む」という信念で子どもたちに自然と親しむ野外活動を長年実践してきた。
 教育では男女混合名簿や行過ぎた性教育など、市議会では度々質問。ジェンダーフリーは家族、学校、社会を破壊する教育であると糾弾している。
 現在、宍倉さんは毎朝4時に起床。千葉市内各区で朝6時から開かれている倫理法人会モーニングセミナーに毎日欠かさず出席している。愛妻家の宍倉さんは低姿勢で両親に感謝する心を忘れない。屋敷にご両親の胸像を建立した。自治功労賞の藍綬褒章も受賞。千葉市の宝である。【文・佐藤 正成】

フロントページへ このページのトップへ


フロントページへ このページのトップへ


花の道  川島 正仁
第5部 超能力開発専門学校5
 この番組に結局アルタミラーノ夫妻、そしてその2人の子供、さらにもう2人の少女が選ばれた。彼らの能力が他の子供たちよりすぐれていたのは誰の目にも明らかだった。
 そして私は彼らのマネージャーとして日本に行った。江川さんの目的はもちろん番組の成功だった。しかしそれがうまくいけば、そういう能力を開発する専門学校を作ろうというアイディアがあった。
そうなると番組の成功を祈るだけだ。
 我々はKテレビに近い、まあまあのホテルにチェックインした。
 江川さんからの条件もあり、ホテル代を節約するため私は自宅から通うことにした。その分いくらかの現金が入った方がいい。食事も出来るだけホテルの外で食べることにした。最初の話し合いで、ギャラからすべての滞在費を引いた残額を7対3で分割することに決めていた。
 早速テレビの収録で、子供達は目隠しをして東京見学にいった。まず地下鉄の改札を目隠しの子供たちが通る。駅員はそれをビックリとした眼差しで見る。列車が到着。ドアが開いて子供たちは何もこわがらずに自然の動作のままで乗り込む。そして環状線に乗り換え、窓越しに見える建物の名前を言う。私はそれを通訳する。そして最後に東京タワーへ、同じく切符を切る係員はけげんな顔をしていた。展望台へ昇る。そこから見える大きな建物やプールなど、目につく物を言う。そして通訳した。そこから喫茶店へ。各自好きなものを注文した。
 ボーイが誤って違うものを1人の女の子の前に運んだ。その女の子はすかさず、「それは私のじゃないわよ」と言う。まるで見えるようだ。ボーイの驚く表情。それからデパートに行く。ここでも驚く店員さんの顔。子供たちは1人ずつ好きなものを買う。
 こうして1日の収録が終わった。そして5日間の集中コースを日本の子供たちに行なった。全国から選ばれた子供たちは15人。年齢は8歳から14歳まで。アルミラーノ先生が教室に入る。子供たちをじっと見回し、ゆっくりあいさつする。「私たちは能力を持っています。ただ、それを知らないだけなのです。これから私の言うことをよく聞いて、一生懸命頑張って下さい。きっと出来るようになります」。
 集中力を高めるためにメキシコから、わざわざ持参してきた音楽をかける。初日の日から訓練だ。
 なんと3日目に超能力のある子は色の見分けが出来るようになった。そして最後の日にはできる子たちは物の形までわかるようになった。
 クラスの中から4人をテレビ出演のために選んだ。中でも成績優秀な子供たちだ。そしてテレビ出演した。  (以下次号につづく)

川島正仁氏めでたく 神田外語大学を卒業
 本紙連載の「花の道」の作者川島正仁氏が今年3月に幕張の神田外語大学スペイン語科を卒業しました。
同氏は県立千葉高校在学中はテニスに明け暮れる毎日で、国体選手に選ばれるほどのスポーツマンだったが、受験準備はさっぱり、そこで志を立て、高校卒業の翌年南米アルゼンチンに単身移住しました。
今から18年前に帰国しましたが、4年前に一念発起、同大学に社会人入学を果たしました。若い頃果たし得なかった大学生活を自らの仕事と、1人2役で今年見事に成し遂げたのです。
 この体験は自分の人生にとって有意義であったと卒業証書を手にした川島氏は語ります。読者の皆様もこの努力に拍手をおくりましょう。

フロントページへ このページのトップへ