150,000部発行
2013年5月9日
通巻第200号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク

(株)地商総業創立40周年祝賀会
政財界などから800人出席、盛大に開催
 千葉市若葉区桜木に本社がある(株)地商総業(渡邉元会長)の創立40周年記念パーティが4月19日(金)正午から美浜区のホテルニューオータニ幕張で国会議員、県会議員、熊谷千葉市長、市議会議員などの来賓と関係者およそ800人の出席者を集め盛大に開催された。
 (株)地商総業の創業者渡邉元(74歳)代表取締役は愛媛県の出身だが、千葉市で一番元気のある優良企業である。
 渡邉元氏は愛媛県今治市の開拓農家の長男として生まれ、高校を卒業後裸一貫で上京、企業を起し、わずか40年で今日の地商グループを築いた大実業家として知られている。その(株)地商総業の輝かしい功績を祝う創立40周年記念祝賀パーティが4月19日に美浜区の「ホテルニューオータニ幕張」で盛大に開催された。
 当日は午前11時から受付が始まり、続々と出席者が詰めかけた。正午に太鼓の響きで華々しく開始された。

挨拶する渡邉元氏と悦子夫人
 最初に挨拶した創業者の渡邉元社長は「これまでこられたのは皆さん否、妻悦子のおかげです(拍手)。社長は運がいいね、付いてるね、時代が良かったとよく言われるが、これは間違いで努力したからです(拍手)。私は韓国で生まれ、父の実家の愛媛県で育ち、高校を卒業して千葉で事業を始めてから55年になります。千葉は環境にも恵まれた本当に良いところです。千葉テレビカラオケ大賞21の番組を始めてから31年になります。会社が元気でいるうちは続けたいと思っています。本日は楽しい企画を用意しています。最後までごゆっくりおくつろぎください」と述べた。
 来賓の水野賢一参議院議員は「渡邉社長の著書『人生・春夏秋冬』を読ませていただき感動しました」と述べ、熊谷俊人千葉市長は「私が生まれる前に総業したそうですが、地元に元気な企業があるのは嬉しい。とくにチバテレビでカラオケ提供していることは取締役として感謝する」と述べた。次いで山中操県議は「渡邉会長は人生時間とか健康時間とか素直に受け止め実践した人だ」と賞賛した。このあと鏡開き、乾杯と続き、舞台では韓国舞踊、湯原昌幸歌手の歌などを披露。最後に渡邉元一郎地商土木(株)社長が締めの挨拶をした。

フロントページへ このページのトップへ


5月17日に名誉毀損裁判の判決
あかいの郷乗っ取り事件報道に決着
 平成23年8月号で本紙が取り上げた特別擁護老人ホームあかいの郷乗っ取り事件の記事は名誉毀損に当たるとして、佐藤正成(稲毛新聞主幹)と櫻井俊雄(あかいの郷前理事長)が訴えられている裁判は今年3月15日(金)に結審。いよいよ5月17日(金)午後1時10分に千葉地裁602号法廷で判決が下される。
 この裁判は、老人ホームでいじめや虐待があったと他のマスコミ報道されたことに対して疑問に思った稲毛新聞は、関係者を取材したところ、いじめや虐待事件はでっち上げで、一部の役員が創設者である理事長を追放して施設を売却しようとしていた。これに弁護士が介在し、後任の櫻井俊雄理事長も売却の邪魔になるという理由で不当に解任された。
 このようなことが果たして許されていいものかと、稲毛新聞は事件の経過を詳しく報道したところ、平成23年8月に、さくら総合法律事務所から原告高橋一弥弁護士、小林春雄あかいの郷現理事長(弁護士)、小笠原知子施設長の連盟で1千万円の損害賠償請求の訴状が稲毛新聞佐藤代表と櫻井前理事長宛に届いた。罪名は共謀による名誉毀損。
 その後、千葉地裁で約10回ほど審理が行われたが、傍聴席は毎回稲毛新聞側の人数が多かった。
 10日の判決はどのような結果になるか不明だが「敗訴したら稲毛新聞を廃刊する」と佐藤正成代表が発言したが、多くの読者が応援してくだったことに感謝したい。

フロントページへ このページのトップへ


(株)CーNETが最優秀賞獲得
第5回千葉地区活力朝礼コンテスト
 千葉県倫理法人会主催の第5回活力朝礼コンテスト千葉地区予選会が4月16日(火)午後6時から中央区のオークラ千葉ホテルで開催され、美浜区倫理法人会所属の(株)C|NET(萬燈知永子代表取締役)が最優秀賞に輝き、6月4日アパホテル幕張で開催される千葉県大会に出場する。
 今回のコンテストは(1)職場の教養を使用した活力朝礼の普及(2)会社の活性化と倫理法人会の活性化を図る趣旨で千葉地区の単会の代表企業6社が出場し、日頃実施している朝礼ぶりを披露した。
 審査員は千葉県倫理法人会秋葉邦男会長ほか県執行役員。競技時間は10分以内で、審査は全員の連帯感、タイミング、気合、洗練、独創、明朗などの項目について採点され、審査の結果、次のように各賞が決まった。
○最優秀賞=(株)C|NET(美浜区倫理法人会)
○優秀賞=(株)モミモミカンパニーアクア鍼灸整骨院(美浜区倫理法人会)
○明朗賞=(株)京葉美装(中央区倫理法人会)
○愛和賞=(株)上総(花見川区倫理法人会)
○喜働賞=(有)ゼロ・スペース都賀治療院(若葉区倫理法人会)
○地区長賞=(有)飯田産業(稲毛区倫理法人会)
 コンテスト終了後に秋葉邦男千葉県倫理法人会会長は「活力朝礼導入体験報告」として「企業の繁栄の基礎は会社の朝礼から始まる。朝礼を導入して元気な会社にしましょう」と自らの体験を踏まえ朝礼の導入の大切さを強調した。
 二次会は同ホテルの別会場でカレーを食べながら入賞者の感想発表など楽しく開催した。

フロントページへ このページのトップへ