152,500部発行
2006年4月6日
通巻第115号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク
読者アンケート
今月のアンケート「皇室について」一言
 秋篠宮妃殿下のご懐妊で大騒ぎしていた「皇室典範改正」問題が下火になったが、今回は日本の皇室を読者はどうみているか、アンケートをお願いしたところ約200人の方から回答をいただいた。世論はこれに集約されている感じだ。

万世一系男系天皇制の肯定派から否定派まで
 無用・関係ない
天皇制度廃止!(大宮台・庶民)。即刻廃止。皇室典範を云々する暇にやるべきことは沢山あるだろう(小仲台・中村巌)。無用の長物。シンボルは旗だけで充分、皇統?は文化ではない(幸町・ストーン)。もう天皇制は必要ない(市場・山田太郎)。廃止すべきだ。我々の税金で優雅に生活している姿をみると腹立たしいし、内々の紛争も見苦しい(小深・都)。戦争中天皇陛下のために死ぬ覚悟で軍隊で終戦。家も空襲で消失。天皇制には正直の話、実に複雑(花見川・山本廣二)。日本はヨーロッパと違い島国なので一度も王朝が変わらなかった。別に誇ることではない(緑町・中村太郎)。天皇制反対。戦後皆平等になったが天皇制は大きな社会的身分差別制度として残った。日本の社会から「皇室は恐れ多いところである」、「皇室には神格化された部分がある」等々の稜威的思考が払拭されない限り日本は逆戻りする(稲毛区男性)。皇室制度が廃止されればそれに係わる税金が他方で有効に使われるのではないか(幸町・関義男)。皇室に男系が続いたのは側室の存在があったから、女性の人格を無視したうえに成り立ってきたものを大事とは思わない(さつきが丘・杉本百合子)。年間に掛かる費用が莫大だし、男の子を産まなければだめだとか厳しすぎる。跡継ぎ探しが大変ならなくなった方がよいのではないか(真砂・原田千香)。皇室制度は、人間の自由平等という自然権に反する。天皇制を残したことは現日本国憲法の唯一の汚点であると思う(あやめ台・道広容倫)。制度のために誰かが不幸になるのはおかしい、いっそのことなくしてもいいと思う(高洲・小池弥生)。 女子でも男子でもよい。今の若い人には天皇制そのものが程遠く極端に言えば跡継ぎがいなければ自然消滅でもいいと言う考えではないか(幕張西・小島實紀子)。
 宮内庁改革を
 今でも宮内庁が牛耳って、昔の伝統で皇室と国民を引き離していることに問題点がある。宮内庁は国民の税金で存在しているのだから皇室典範は宮内庁が精神を改めるべきです(磯辺・泉きよみ)。皇室の国家予算が多いのでは?時代にあった予算をきめてほしいと思う。自由がない分お金で癒されては私達庶民の生活は良くならないと思います(花見川・佐藤まるみ)。国の象徴にしたいのなら、あえて反対はしないが国民は重税に泣かされている。宮内庁などもっとコンパクトにスリム化をはかり、節税に務めてほしい。皇室典範改正など庶民にとってはどうでもいいこと…と思っている(稲毛海岸・三岸ウミ子)。
 世界に冠たる伝統
 「万世一系」これぞ世界に冠たる日本皇室の歴史と伝統であります。これを崩すようなことがあってはなりません(みつわ台・伊藤美津枝)。古くからの日本独自の伝統であり、絶対に男系天皇制を維持すべきだ(真砂・匿名)。その制度があればこそ、日本人として精神的に安定した心がある(山王・玉川俊之)。世界で唯一由緒ある皇室ですから、男系を守ってこのまま存続できるように努力して下さい(小仲台・小村朋代)。天皇制あっての日本国、やはり男子系と思う(小仲台・中川美登里)(朝日ヶ丘・滝ヶ崎トミ子)。皇室は憧れと夢です。歴代の天皇家は必要です(高洲・古川佐津子)。国民の象徴である皇室制度が失われたら国の乱れがくる。女性天皇・女系天皇も乱れます(椿森・神長カツ子)。皇室は日本人がひとつにまとまるための必要な存在だがあまり範囲が広がり過ぎるのも問題(小中台・英チャン)。皇室は日本の歴史であり、これに手をつけずに戦争も皇室は手も口も出ず、当時の政府の政策である。今のまま続けること(松波・薄井寛親)。歴史的には日本として必要なもの(幕張・ヒデ)。万世一系男系天皇のみを擁立してきたのである。よってこれを守るのが日本民族である(末広・外薗宏憲)。日本は万世一系の天皇をいただいているのです。変える必要はありません(真砂・橋本貞)。
 今のままでよい
 歴代の通り男性で今後もいった方がよいのではないか(四街道・岩田朝一)。伝統を守ってほしいとは思いますが望んでできるとは限らない。難しいですね(検見川・小林美智子)。現在のままでよい。自然体でよいのではないか(稲毛海岸・吉田陞)。出来る限り守っていくべきであると思う(黒砂台・河野優) 。今のままが一番よいと思う(瑞穂・佐竹徹也)(高洲・加藤幸子)(あやめ台・菱啓子) (宮野木・匿名)。国民の支持が多いので現在のままでよい(大宮台・来須弘子)。日本の2千年の歴史と伝統を大切にしたい(高浜・近藤悟)。簡単に変えるものではない(高浜・高野道子)。日本の象徴としていつまでもいて欲しい(小中台・川森文子)。このままでよい。かえるなら充分に検討して国民の理解を得る必要がある(みつわ台・佐々木愛莉紗)。女系天皇反対(松戸・戸田栄造)。先人の知恵にはそれなりの意義があると思う(小中台・古川喜代子)。皇室はあった方がいい。この頃は親しみを感じます(あやめ台・つなこ)。国民の間で完全に定着しているのだから、女系天皇などそう簡単に変えるべき事柄ではない(長沼・二階堂裕子)。時代に沿った対応は評価できるが、今あらためて制度を変える必要はないと思う(小仲台・原田優)。日本の文化、歴史です。このまま守り続けたい(花見川・木田カズミ)。国民の象徴でもありますので存続してほしい(野呂・匿名)。昔からのしきたりなのでそのままがよい(千城台東・御代静)。私は軍隊の生活をして天皇陛下の命令でいやな思いをした。戦後はそういう事がなく、宮城遥拝もなくなり、天皇の写真を飾ることがなく、まことに気持ちがよい。したがって今のままがいい(園生・中村平吉)。世界にもまれに見る制度とは思うが、あまり喜んでもいられない(幸町・匿名)。
 皇室典範改正
 時代にあった制度で改正すべきと思う(長作・宮野美恵子)(真砂・佐藤優子)(花見川・上村三男)。万世一系の皇室も時代とともに変化すべきと思う(幸町・和田恵子)。昔にとらわれず新しい時代に向かって女帝でもよいのでは?雅子さまが可哀そう(幕張西・小杉京子)。昔のように側室をということは出来ない世の中だから改正した方がよい(小仲台・伊東麻子)。時代の流れに従うしかないと思う。できれば男系の方がいいと思いますが…(幸町・中村春雄)。男女平等が国民の間で定着しているので女系天皇を認め皇室典範を改正に賛同(高洲・松澤明治)。女性天皇も賛成だが、天皇や皇太子夫妻のご意見が全くわからないのは人間的でない(高浜・イヤミ系)(さつきが丘・紅谷睦子)。男女にこだわらず最初の子供が適任と思う(稲毛・古山秀一)。あくまで象徴が前提で、女性天皇は賛成(真砂・内山治子) 男女平等の現実に沿った改革が望ましい(みつわ台・松戸信男)。新しい制度を作っていいと思う(さつきが丘・石橋明美)。女天皇問題を含め現在、未来に配慮した制度を見直す要あり(花見川・長谷恵喜)。改正すべき!!今の時代「男が主役」な時代は終わったと思う(小仲台・渕川春香)。万世一系の天皇制を維持する上にも、民主主義国にふさわしい男女同権の理念に基づき、女系天皇の容認が望ましい(宮野木・永田勝之)(花見川・樋口兌子)。現在男性には何をおいても一目置いて女性は二の次。これを改めてもいいと思う(花見川・辰口節子)。改正されたところもあり現在はよくなったのでは(稲毛海岸・匿名)。開けてきたように見えて根底的なものが改善されず、古い物にこだわり過ぎているように思う(真砂・匿名)。世界でも女王の国も多い。日本は遅れている(高浜・河野千恵里)。昭和のうちから考えておくべきことではなかったか(柏台・小口智子)。ナゼ女性天皇はダメなの?「男子を産め」と、あまりにも時代錯誤であきれてしまう。そういうプレッシャーで雅子様が体調を崩すのだ!!(小仲台・森田多重子)。女性天皇がいてもよいと思う(桜木・桜木美智子)(花見川・桜照)(大宮台・瓦井綾子)(朝日ヶ丘・田村貴史)(あやめ台・岩崎良一)(園生・斉藤佳子)(稲毛・宮原勝子)(高洲・西村美恵)(高洲・河野鼓胴)(幸町・三重野光子)(稲毛・森田美恵)(小仲台・名畑恵子)(長沼・本多政子)(幸町・原雅子)(小仲台・朝永謙吾)(都町・小河原清子)(高洲・湯本スミ子)(園生・中村君枝)(打瀬・マミー)。女系天皇大賛成です。皇室制度を永久に存続するために必要(花見川・樋口兼清)。女性しか生まれないことを考えれば改正する必要があると思う(幕張・西村もと子)。女系だって維持できる(花見川・中野益実)。何が何でも男というのは反対です(花見川・野上康子)。女性天皇はすばらしいのではないか(花見川・我妻栄子)。女帝でもよい。永い伝統は重大なものとは思えない(幸町・佐藤律子)。男女を問わずそのように教育すればよい(おゆみ野・松原利穂)。昔は側室にお世継ぎを作らせたようですが愛子さまが女天皇としてお婿様をおとりになることがよいと思う(松波・中村千代子)。権力を持たず、人々に愛される皇室として存続してほしい。天皇家に男が生まれればその子が、女の子しかいないなら婿を取ればいいし、制度なんていらない。天皇家でふつうに決めればいいのに(小仲台・瀬野久美子)。日本の象徴として必要な問題(四街道・梶野雅子)。国の象徴として大切なこと(みつわ台・川村祐美子)。象徴としての天皇制が長く続く事を願う。男でも女でもよい(瑞穂・井関勝)(おゆみ野・今井貞雄)。文化的な意味はあると思うので憲法上の象徴として残しても良いと思う。女系でも良い(汐見丘・門倉敬子)(東千葉・北澤敏子)。皇室制度は全世界に誇れるもの存続が好ましい。女帝にならざるを得ない場合でもよいことです(小深・北村勝)。男性天皇ときめると、お産みになるまで大きな負担を感じると思うので、最初のお子様が女性でも天皇になってよいと思う(幸町・匿名)。女性でもいい、まこ様の下に弟が生まれたら男にすればよい(春日・永井鈴奈)。日本固有の伝統ある皇室制度を守るため女性天皇は認められるが女系天皇は認められない(朝日ヶ丘・那須親)。紀子さまの子供が女だったら改正すればいいと思う(高洲・淵本安生)。改正はもう少し時間をかけて進めてほしいと思う(小仲台・竹下久美子)。世継ぎより、皇室について検討した方がよいのでは(小仲台・やこちゃん)。国民の声を聞いて、充分に議論してほしい(磯辺・野崎千加子)。世継ぎで騒がれたり常に笑顔で手を振ったり、きゅうくつで可哀そう(さつきが丘・ソニア)。皇室のことは皇室にまかせたらどうか、男系でも女系でも政治家、国民が口を出す問題ではない。宮内庁の内部を改革しなければ皇室が可哀そう(磯辺・吉田清)。皇室の方は可哀そうです。皆同じ人間です(四街道・永野雅子)。現制では男性上位ですね。紀子さまの懐妊で雅子さまがつらい立場にいて可哀そう(高浜・藤本和子)。皇室のことは皇室できめればよい、政府や国民の口を出すことではない(花見川・文生)。皇室のヒトの考えを無視して進めすぎ。子供ができたからまた振り出しなんてアホらしくて(小仲台・鶴岡潤一)。
 その他
 天皇陛下万歳と叫びながら死んでいった人々はどうすればいいのでしょうか。沈思黙考(高洲・ぼけ)。国民は静に見守っていてほしいと思う(高浜・高橋正子)。あまり騒ぎすぎる(作草部・林田静江)。平民が何を考えても仕方ない、なんで皇室は女性ばかり誕生するのかな(穴川・志賀友子)。それにしても女の子が生まれる遺伝子が多い(大宮台・匿名)。懐妊により制度を変えるのを見送るのはおかしい(四街道・梶野真吾)。上部の方々におまかせします(園生・渡辺)。雅子様を見ていると女には無理そう(高洲・高田裕子)。物心ついたころから存在するので特別な思いなどないがマスコミなどの過剰な報道は不要に思います(千草台・匿名)。皇室制度そのもののあり方を考えさせられる問題(千城台東・蔦川伸子)。むずかしい問題です。ただ、今の若い人は皇室ばなれしているので(東千葉・北澤和郎)。雲の上の最高級界のことで我々には「皇室制度」など計り知れませんです(葛城・相川浜子)。勉強してなくてわかりません(天台・藤田優希)。よくわからない(小中台・匿名)(高洲・匿名)(東千葉・大町知弘)。
 ※貴重なご意見を多数お寄せいただき、ありがとうございました。(編集部)

フロントページへ このページのトップへ


読者の声
一体、日本はどうなってるんだ
 小泉改革の陰に、貧富の格差が大きくなった。高度成長時代は、貧しい人、中産階級、金持ちの3段階位だったが、今は過去の中産階級とされていた階層が国民の65%。その人々が現在、年収300万以下の低層階級になっている。そのため、1円でも安いチラシを見て、自転車で走っている現実。その生活(食費・教育費・住居費等)に余裕がなくなっているので、子供をたくさん産む気にならない? また、年寄りは金持ちと言われるが、85%が少ない年金と少しばかりの貯金の取り崩し、ギリギリの所で生活しているのが真実である。そこに来て大増税時代の到来。定率減税、特別配偶者控除、老齢者控除などの廃止は実質的な増税。消費税の引上げも取りざたされ、ますます暮らしにくい世の中になっていくのに、日本人はまったく怒らない。原油高?による灯油価格の高騰。それに対して政府の無意無策、石油ストーブを使用する階級に配っては、またまた出費が増えた。
 今回の防衛施設庁の官製談合、世に言う4点セットの党利党略のみを追求し、国民不在、国民無視の政治。毎日、テレビの種はいくらでも出てくる。企業の大部分はその利益向上のために嘘とインチキを平気で行って、バレて、テレビで頭を下げておしまい。福祉も医療も、金のない人間は、それなりの手当を受けることができない現実。地獄の沙汰も金次第。医者も今は「医は仁術でなく、算術」が多い。もっとも自民党政治を押し上げた国民にも責任が大いにある。次の時はよく、その人物と党を見て投票するべきだと思う。世の中、どこか狂っている。悪代官をやっつける世直し黄門様≠ヘどこに?(匿名)  地域医療の後退だ
 山王病院の分院「ヴィルフォーレクリニック」(内科、呼吸器、消化、小児、循環器科)は、3月で閉院しました。隣接する川鉄社宅跡地にもマンションが建ち、市道沿いにクレッセ稲毛も出店、近くに市立草野小中学校、スポーツセンター脇には市立園生保育所もあります。私達が居住する草野町内会は1050世帯、高齢者も増加しています。関連する5地区は独居老人世帯が250を越えており、バス停「草野小入口」の県住宅供給公社所有の土地に新しくマンション建設が予定され若い世代が入居します。少子化が叫ばれている中で、次世代を担う子供達も増えています。この地域は、歯科、クリーニング店、理美容店の多い所で、人口は増えているのに内科・三浦病院が1軒あるのみです。ヴィルフォーレクリニックが3月末で閉院で高齢者や子供は車を持たず、遠方へは行けません。大きい病院は待ち時間も長く、投薬・会計も別々で半日がかりです。インフルエンザの予防接種や、レントゲン、持病や風邪など、近くで安心して受診できる病院の閉院は、健康と「いのち」を守る地域医療の後退です(園生町・河井君子・83歳)。
 不明な構造計算書
 稲毛ファミールハイツの構造計算書のことの説明を求めて管理組合や自治会の人に聞いても知らないということでした。最近のマンションは構造計算書がなければ、売ろうとしても売れず、売れたとしても地価の3分の1の値段で、資産価値がなくなるのも時間の問題です。構造計算書の有無を住民に説明し、計算書がなければ、自治会が管理組合に対して損害賠償請求をするなどして、対応しなければならないのに、なぜ何も対応しないのでしょう(ファミールハイツの仙人)。
 対応は病院で違う
3月号の「遺族の願い」さん。ご家族の皆様方には心よりお悔み申し上げます。私の夫も市立病院から国立医療センターに転送されました。10日間位は元気でしたが、その後は薬で眠っている時間が多くなり、やがてオムツに。やはりガンでした。医療センターでは「およそ場違いでは?」と思うほどお化粧をバッチリと決めた女医が「患者にはガンであることを99・9%告知する。しないなら他の病院へ行って下さい」と、冷たいお言葉。薬のせいだと思いますが、夫は意識が朦朧としたり、分からなくなったりする様子。ベットの上に立ち上がり、落ちてケガをしたり散々でした。こんな状態の中で、「うちではこんな患者は診る訳にはいきませんから、他に行ってもらいます」と2回目の宣告。
翌1月4日に別の病院へ。直前になって看護師に「なにで行きますか?」と聞かれ、前の病院から移る時もそうだったように「救急車ではないのですか?」と尋ねると「自分の車で」とか「民間の車を使う人もいる」と言われました。骨と皮になり、寝たきり状態の病人をどうしろと言うのですか?そうでなくても、薬を飲んでいない時には意識もしっかりしていましたから「また別の病院に移されるのか」と不安な様子の夫。まるで「邪魔者扱いだったのでは?」と感じるほどでした。3度目の病院では治療が違うのか、看護師さんたちが優しいからか、いつも意識はしっかりしていて会話もできました。ヒゲ剃りはもとより、口の中のケアまでしっかりして下さいました。「病院によって、こんなにも扱いが違うのか」と思いました。結局、夫は2月に亡くなりました。医療に携わる者は、患者を自分の身内・家族だと思い、痛みの分かる接し方をしてほしいものです。どこの病院でも死期が近いとされた患者は、個室に限らず、ナースセンター近くの病室に移されるようですが、ほとんどの方は意識がなくなってからだそうです。「遺族の願い」さんのお父様のように、しっかりした方を個室に移動したことに怒りが込み上げてきます(高浜・匿名)。
 ジェネリック薬品
 先日担当医に「ジェネリック薬品に切り換えたい」と希望を述べた。すると「当院では扱っていない」と言う。事情を聞いてみた。「各薬局の管轄で、病院は一切関知しないが、たっての希望なら一札書いてあげますから扱っている薬局をご自分で探して下さい」との弁。試みに2、3の薬局へ聞いてみると「全く扱っていない。大きな薬舗なら扱っているかも知れない」と実に素っ気ない返事。CMの言を借りれば『効能は現在出されている新薬と殆ど同じで、薬価は半分で済む』というのだから、年金生活者にとっては嬉しいニュースであり、誰しも欲しい物だ。マツモトキヨシに問い合せると「病院に言われてきたという客が多く、大いに迷惑している」との店員の言葉。有名無実という訳だ。噂によると通販でしか手に入らないという。何とも奇怪な話ではある。実際に使われている方がいたら、入手先を教えていただきたい(幸町・ストーン)。
 車検制度に思う
姉歯建築士の不正事件が、大臣の鶴の一声で個人財産の援助に国が介入することになったが、車の定期点検や車検も事故が起き、税金から支出すれば迷惑な話である。定期点検に行くと車を触らず、見ただけで書類を書いて「3千円だよ」と平気な顔をしていたので、それ以来、定期点検はやらないことにした。広告には『正社員の9割が国家資格整備士で安全』とあるが、工具も満足に使えない新人にやらせることもできる。「整備保証付き車検4200円、諸経費9450円で陸運局に車を持って行かない」とある。車内清掃付、さらに新米5キロ進呈45分車検、洗車100円オイル交換500円とあり、安さにつられて客は来る。別の広告には車検整備無料で、雑費1万円ポッキリで、ティッシュやギフト進呈とある。これでブレーキまで分解して見てくれるのか、疑問を感じる。マンションの民間調査と同様に車検は国が管理するべきである(花園町・岩井秀夫)。
 天皇より国民生活
 私ども昭和1ケタ生れの人間は天皇は現人神(アラヒトガミ)と教え込まれました。日本の国家の象徴としての天皇家。万世一系と男系でなければとの議論もあるが、それほど深く考える必要はないと思う。それよりも現実の世界は、とても生きにくいのが実情?政治・官僚、痛みを伴う政治と言うが、やっていることはメチャクチャ。生活はますます苦しくなり、いやな世の中になってしまった。テレビを見ていても暗い話ばかり。テレビの普及で情報過多、いやでも目に入ってくる。4点セット、いんちきメール、振り込め詐欺等、人を騙すことが平気で行われている。世の中、自己防衛にも限度がある。相手を信用できない世の中。貴社の正義のペンに期待してます(磯辺・高橋隆男)。
 もう、いいですね!
 千葉社会保険センター(稲毛)に健康維持のため運動に通っていましたが仕事が忙しくなってしまい3回続け休んだ。さすがにこちらの都合とは言え黙って休むのも教えて下さる先生や他の方が心配なさると思い、センターに電話を入れたところ50代位と思われる声の女性が出ました。しかし、その応対は忙しいのか最後までお話しを聞いて下さらず「休むんですよね、もういいですね!!」と強い口調で言われクラスの先生に伝言をとも言えないまま電話が切られました。私は「お忙しいとは存じますが‥」と自分の名前も伝えましたが、電話の応対の悪さに呆れるばかりで、その日は一日気分が悪く過ごしました。講座を沢山開講しているのなら当然電話の応対も多いと思いますが、あのような会話しか出来ない人を電話に出さないで貰いたいとつくづく感じました(専門校講師)。
※今月もたくさん投稿いただきありがとうございます。掲載できない一部の原稿はホームページの投稿欄に転載しています。

フロントページへ このページのトップへ